Ubuntu 12.04 LTS に rbenv, ruby_build で ruby 環境を構築する

環境: Ubuntu 12.04 LTS (32bit)

Vagrant を使って仮想マシン上に Ubuntu を立ち上げ、まっさらな状態から ruby 環境を構築する手順。

Vagrant のセットアップ

$ vagrant box add precise32 http://files.vagrantup.com/precise32.box
$ vagrant init precise32
$ vagrant up
$ vagrant ssh

Ubuntu のセットアップ

パッケージのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install vim git-core build-essential curl libreadline6-dev zlib1g-dev libsqlite3-dev libssl-dev libxml2-dev libxslt-dev

Rubyに必要なパッケージはここを参考

Ubuntu – quantal の ruby-build パッケージに関する詳細 http://packages.ubuntu.com/quantal/ruby-build

rbenv のインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.profile
$ exec $SHELL -l

rbenv のバージョン確認

$ rbenv -v
rbenv 0.4.0-67-g3300587

ruby-build のインストール

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

インストール可能な ruby のバージョンを確認

$ rbenv install -l

ruby のインストール

1.9.3 と 2.0.0 をインストール

$ rbenv install 1.9.3-p448
$ rbenv install 2.0.0-p247

使用するバージョンを指定

$ rbenv global 1.9.3-p448

確認

$ rbenv version
1.9.3-p448 (set by /home/vagrant/.rbenv/version)

$ rbenv versions
  system
* 1.9.3-p448 (set by /home/vagrant/.rbenv/version)
  2.0.0-p247

$ ruby -v
ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [i686-linux]

gem のインストール

$ gem install bundler --no-rdoc --no-ri
$ rbenv rehash

rbenv rehashすることで~/.rbenv/shimsbundleコマンドが追加される。

参考サイト

sstephenson/rbenv · GitHub
sstephenson/ruby-build · GitHub