App Store Connect にアップロードするスクリーンショットのサイズについて

App Store Connect にアップロードするスクリーンショットの仕様について。
2019年8月現在、iPhone 向けアプリには

  • 6.5インチ - 1242 x 2688ピクセル
    • iPhone XS Max
  • 5.5インチ - 1242 x 2208ピクセル
    • iPhone 8 Plus
    • iPhone 7 Plus
    • iPhone 6s Plus

の2サイズのスクリーンショットが必須。

以下、App Store Connect のキャプチャ。

f:id:xyk:20190824193801p:plain
6.5インチ

f:id:xyk:20190824193817p:plain
5.5インチ

f:id:xyk:20190824193826p:plain
スクリーンショット仕様

https://help.apple.com/app-store-connect/#/devd274dd925

CGAffineTransform を使い View を180度回転、元に戻す

環境: Swift 5.0.1

ある View (ここではUIImageView)を180度回転させる、そして元の状態に戻すアニメーションをさせたい。
こういう場合、 CGAffineTransform の rotation を使えば実現できる。
f:id:xyk:20190717114639g:plain:w80

こんなかんじの動きにしたかったのだが少しハマってしまった。
最初は以下のように実装した。

UIView.animate(withDuration: 0.5) {
    if self.arrowUpImageView.transform.isIdentity {
        self.arrowUpImageView.transform = CGAffineTransform(rotationAngle: .pi)
    } else {
        self.arrowUpImageView.transform = .identity
    }
}

しかしこれだと上画像のように逆回転せず下画像のように同方向の回転で戻ってしまう。

f:id:xyk:20190717114430g:plain:w80

そこで以下のように180度に満たないangleにすることで意図通り逆回転で戻ったので、とりあえずこれでよしとする。

UIView.animate(withDuration: 0.5) {
    if self.arrowUpImageView.transform.isIdentity {
        self.arrowUpImageView.transform = CGAffineTransform(rotationAngle: .pi * 0.999)
    } else {
        self.arrowUpImageView.transform = .identity
    }
}

f:id:xyk:20190717114639g:plain:w80

UILabelのattributedTextのテキストを他の属性は変更せずに別の文字列に置き換える

環境: Swift5.0

UILabelのattributedTextのテキストを他の属性は変更せずに別の文字列に置き換える例。

@IBOutlet weak var textLabel: UILabel!

private func setupUI() {
    if let attrStr = textLabel.attributedText?.mutableCopy() as? NSMutableAttributedString {
        attrStr.mutableString.setString("置き換える文字列")
        textLabel.attributedText = attrStr
    }
}

ちなみに文字列の一部分を置き換える場合は以下で書いた。

xyk.hatenablog.com

MacのDockアイコンがおかしいときにやったこと

MacのDock上に表示されるアプリのアイコンがデフォルトと言うか generic なアイコンになってしまった。
元に戻すためにやった手順をメモ。
先に結論を書いておくとアイコンのキャッシュを削除することで元に戻った。

まずSIP(System Integrity Protection)を無効(disable)にしておく必要がある。
Command + R を押しながらMac起動し、リカバリーモードで起動する。
リカバリーモードが起動したら、ユーティリティからターミナルを起動し

$ csrutil status

で現在の状態を確認、enabled であれば

$ csrutil disable

を実行する。
その後、Macを再起動。
そして、以下コマンドでキャッシュ削除を行う。

$ sudo find /private/var/folders/ -name 'com.apple.dock.iconcache' -delete
$ sudo find /private/var/folders/ -name 'com.apple.iconservices' -delete
$ sudo rm -r /Library/Caches/com.apple.iconservices.store
$ killall Dock

UISegmentedControl を未選択状態にする

selectedSegmentIndex に UISegmentedControlNoSegment (-1) を設定する。
この定数を忘れるのでメモ。

segmentedControl.selectedSegmentIndex = UISegmentedControlNoSegment

Swift4 から

segmentedControl.selectedSegmentIndex = UISegmentedControl.noSegment

UIColorの色を暗くする

Swift 4.2.1

現在の色から暗めの色に明度(brightness/lightness)を変更するための UIColor Extension。

extension UIColor {
    
    func dark(brightnessRatio: CGFloat = 0.8) -> UIColor {
        var hue: CGFloat = 0
        var saturation: CGFloat = 0
        var brightness: CGFloat = 0
        var alpha: CGFloat = 0
        
        if getHue(&hue, saturation: &saturation, brightness: &brightness, alpha: &alpha) {
            return UIColor(hue: hue, saturation: saturation, brightness: brightness * brightnessRatio, alpha: alpha)
        } else {
            return self
        }
    }
}

使い方

view.backgroundColor = view.backgroundColor.dark()

複数の CLLocationManager を使う

Swift 4.2.1
Deployment Target: 9.0

CoreLocation で位置情報を取得する際に、複数のCLLocationManagerインスタンスを同時に立ち上げて動かしたときにどうなるか気になったので試してみた。
結論としては、それぞれのインスタンスが影響し合うことなく別々に制御(startやstop) できた。

以下検証コード。

import UIKit
import CoreLocation

class ViewController: UIViewController {

    private let locationServiceA = LocationService.init(tag: "A")
    private let locationServiceB = LocationService.init(tag: "B")
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }
    
    @IBAction func handleStartButtonA(_ sender: UIButton) {
        locationServiceA.startUpdating()
    }
    @IBAction func handleStartButtonB(_ sender: UIButton) {
        locationServiceB.startUpdating()
    }
    @IBAction func handleStopButtonA(_ sender: UIButton) {
        locationServiceA.stopUpdating()
    }
    @IBAction func handleStopButtonB(_ sender: UIButton) {
        locationServiceB.stopUpdating()
    }
}

class LocationService: NSObject {
    private let locationManager = CLLocationManager()
    private var tag = ""
    
    override init() {
        super.init()
        locationManager.delegate = self
    }
    
    convenience init(tag: String) {
        self.init()
        self.tag = tag
    }
    
    func startUpdating() {
        print("tag:\(tag) startUpdating")
        locationManager.startUpdatingLocation()
    }
    
    func stopUpdating() {
        print("tag:\(tag) stopUpdating")
        locationManager.stopUpdatingLocation()
    }
    
    func checkPermisson() {
        switch CLLocationManager.authorizationStatus() {
        case .notDetermined:
            print("notDetermined")
        case .restricted:
            print("restricted")
        case .denied:
            print("denied")
        case .authorizedAlways:
            print("authorizedAlways")
        case .authorizedWhenInUse:
            print("authorizedWhenInUse")
        }
    }
}

extension LocationService: CLLocationManagerDelegate {
    
    //  このメソッドは locationManager.delegate = self を実行したタイミングでまず1回呼ばれる
    func locationManager(_ manager: CLLocationManager, didChangeAuthorization status: CLAuthorizationStatus) {
        print("tag:\(tag) didChangeAuthorization -> ", status.rawValue)
        if status == .notDetermined {
            locationManager.requestWhenInUseAuthorization()
        }
    }
    
    func locationManager(_ manager: CLLocationManager, didUpdateLocations locations: [CLLocation]) {
        if let location = locations.last {
            let latitude = location.coordinate.latitude
            let longitude = location.coordinate.longitude
            let timestamp = location.timestamp.description
            print("tag:\(tag) didUpdateLocations -> latitude:\(latitude) longitude:\(longitude) timestamp:\(timestamp)")
        }
    }
    
    func locationManager(_ manager: CLLocationManager, didFailWithError error: Error) {
        print("tag:\(tag) didFailWithError -> ", error)
    }
}

Info.plist に以下追加

アプリ使用時のみ位置情報を取得する場合

<key>NSLocationWhenInUseUsageDescription</key>
<string>位置情報を確認するために利用します。</string>

常に位置情報を取得する場合

<key>NSLocationAlwaysUsageDescription</key>
<string>位置情報を確認するために利用します。</string>